MENU

第52回 日本伝統獣医学会

今回のテーマは、「ガンと統合医療(Cancer and Integrative Medicine)」です。
化学療法、放射線治療、外科手術の三大療法で腫瘍を除去するだけでは、進行がんと戦うことはできません。がんは細胞レベルでの異常であり、慢性的な生体のシステムの異常の病気です。がんの発生は複数の要因から成り立ち、治療には科学的・戦略的なアプローチを用いなければなりません。進行がんを逆転させるためには、局所的治療に加えて、患者の全体とがんを形成した原因をひとつひとつ取り上げて、根本原因を取り除き、身体に蓄積した毒素を排泄し、栄養素で体を強化し、免疫系を活性化させ、心と環境のストレスなどをすべて考慮する必要があります。そして害を与えないことが最も重要です。今回は、「ガンと統合医療(Cancer and Integrative Medicine)」をテーマに、従来の治療とホリスティックな観点から伝統および相補・代替医療と細胞免疫療法や遺伝子治療に至る先端医療を結合し、ガンと戦う統合医療を本学会から発信していきたい、と思います。

日本伝統獣医学会
第52回大会長 清水無空
理事長      本好茂一
事務局長     杉本恵子

概要

日 時 平成25年12月8日(日)9:00~17:00
会 場 日本獣医生命科学大学
大会長 清水無空(アカシア動物病院)
テーマ ガンと統合医療(Cancer and Integrative Medicine)
参加費 会員5,000円  非会員8,000円  学生無料
(会員、非会員で事前登録をされた場合は昼食をご用意させて頂きます)

プログラム

9:00 開会のあいさつ(大会長)
9:05~9:55 講演1「元気を出させる癌治療を求めて」
斎藤 温子 先生(斎藤牧場動物病院)
10:05~12:15 講演2「代謝をターゲットにしたがん治療」
福田 一典 先生(銀座東京クリニック)
12:15~13:45 昼食
13:45~15:05 講演3「丸山ワクチンの現況」
飯田 和美 先生(日本医科大学)
15:20~16:10 講演4「統合医療的がん治療への道程」
伊藤 宏泰 先生(かも動物病院)
16:10~17:00 講演5「がんリスク因子と統合腫瘍学」
清水 無空 先生(アカシア動物病院)
17:00 閉会のあいさつ(副大会長)

よくある質問

関連学会

賛助会員


ページトップへ