MENU

代表理事挨拶

一般社団法人 比較統合医療学会
代表理事 安川 明男

本学会は1993年、「獣医東洋医学研究会」として京都で発足されました。以来、本好茂一先生(日本獣医生命科学大学名誉教授)、長谷川篤彦先生(東京大学名誉教授)が会長、理事長を務められ、2008年には名称を「日本伝統獣医学会」と変更して発展的に活動してきました。

そして2016年、「比較統合医療学会」と名称を変え、新たな出発を迎えました。比較統合医療は統合医療をさらに発展させ、さまざまな医療分野を比較、統合して新しい診断治療法を発見していくことを目的としています。獣医学に関する研究報告だけでなく、ヒトの医療における研究報告もしていただき、互いに有益な情報交換の場にしていきたいと考えております。こうした比較検討によって新しい医療知識と技術の発見、構築が実現できれば、会員各位の大きなBenefitとなることでしょう。

学会員の皆様にはご理解、ご協力、ご指導の程よろしく御願いいたします。


よくある質問

関連学会

賛助会員

ページトップへ