MENU

第47回 日本伝統獣医学会

日本伝統獣医学会第47回大会を下記の要領にて開催いたします。
万障お繰り合わせの上、ご参加頂きたくご案内申し上げます。

日 時:

2011年10月29日(土)、30日(日)10:00~17:00

会 場:

日本獣医生命科学大学B棟3階講義室

参加費:

会員4,000円、非会員6,000円、学生2,000円

懇親会:

29日午後5:10~学生食堂にて
懇親会費:3,000円(29日受付時に承ります)


プログラム予定

第1日目:10月29日(土)

10:00~11:55
「第5回小動物臨床鍼灸コース プレセミナー」座長・石野孝

  1. 「経絡経穴とツボ療法」
    澤村めぐみ(沢村獣医科医院)
  2. 「誰でもわかる獣医師のための中医学」
    石野孝(かまくら げんき動物病院)
  3. 「第4回鍼灸コースを受講して」
    三井功(競走馬理化学研究所)
  4. 「第4回鍼灸コースを受講して」
    小林初穂(獣医師・鍼灸師)

11:55~13:00 昼休み

13:00~14::00 教育講演
教育講演「医薬学における漢方教育の現状」
雨谷栄(日本薬科大学)

14:05~15:05
教育講演「認知症の漢方治療について」
石毛敦(横浜薬科大学)

15:05~15:45 休憩 展示会 視察

15:45~16:30
教育講演「ゼオライトの生体応用について」
鷲巣誠(岐阜大学)

16:30~17:00
教育講演「新規健康補助食品による慢性疼痛、炎症の管理」
安川明男(西荻動物病院)
代理 小松靖弘(北里生命科学研究所)

第2日目:10月30日(日)

10:00~12:00  一般演題

  1. 「ネコ腎不全に対する猪苓湯(ツムラエキス顆粒)」
    金鞍博樹 (山二つ動物病院)
  2. 「後躯運動障害のモルモット2例に対する鍼治療の経過(種を超えた経穴治療のモデルとして)」
    東保麻美(東保動物病院)
  3. 「ダックスフントにおける重度対麻痺の針灸治療後、歩行再獲得への経過」
    塩島由美子(キューどうぶつ病院)
    山下 暁子(Q clinic for dogs and cats)
  4. 「問題行動に対してのメディカルアロマテラピーを用いた4例」
    増田国充(ますだ動物クリニック)
  5. 「術後ならびに各種疾患の疼痛コントロールに
    有効と思われるSRD-P401の作用」
    豊永 眞弥(とよなが動物病院、大阪)
    小松 靖弘 (サン自然薬研究所)
  6. 「健康食品SRD-P401の犬・猫への臨床例」
    堅木道夫 堅木道夫1)(川越どうぶつ医療センター)・
    小松靖弘2)(サン自然薬研究所)
  7. 「樟芝が奏効したバベシア症の1例」
    吉見奈津子(D&C獣医科クリニック)
  8. 「腎疾患健康補助食品、SRD?CK02を使用したいくつかの症例報告」
    加藤明久 (D&C獣医科クリニック)

13:00~17:00
「獣医統合医療講座・特別講演」座長・鷲巣 誠
「古代からの医学史」志田信男(東京薬科大学)

(敬称略)


よくある質問

関連学会

賛助会員

ページトップへ