MENU

第44回 日本伝統獣医学会

第44回日本伝統獣医学会のご案内 ー初心に帰り、未来を考えるー

日時:

2009年6月14日(日)10:00-17:20

会場:

日本獣医生命科学大学 501講義室

参加費:

会員無料、非会員1,500円、学生無料、抄録は学会誌17巻1号(1,500円)

展示会場:

502講義室ほか

プログラム:

< プログラム >
10:00-10:05 長谷川理事長挨拶
一般講演  (発表10分質疑5分)
10:10-10:25 1)犬の気血両虚証に十全大補湯を投与した11症例
橋本昌大(高草山どうぶつ病院)
10:25-10:40 2)ホモトキシコロジーを用いた犬の皮膚腫瘤の1例
齋藤温子(斉藤牧場動物病院)
10:40-10:55 3)腫瘤が認められた症例をハイパーサーミアで治療した例
越久田活子 浅水洋平 越久田記子 越久田健(おくだ動物病院)
10:55-10:15 企業アナウンス
(15分 休憩 ポスター)
11:30-11:45 4)胸椎異常が認められたフレンチ・ブルドックの疼痛緩和治療の1例
中島 直彦(かすかわ動物病院)
11:45-12:00 5)凝固系に異常が認められたスコティッシュフォールドへのホリスティック鎮痛管理
白岩千鶴子(ひだまり猫の病院 )
12:00-12:15 6)ホメオパシーを用いた若齢犬の前肢跛行の1例
青柳伸介(ペットメディカル久が原)
ポスター:午前、昼
1)ホリスティックな治療が引き出す動物の自己治癒力
塩島由美子(キューどうぶつ病院) 山下暁子(イーズペットクリニック)
2)膀胱の移行上皮癌にホリスティック療法を用いQOLの向上を認めた一症例
越久田活子、浅水洋平、越久田記子、越久田 健 (おくだ動物病院)
12:50-13:10 理事会・評議員会
13:10-13:30 総会 大会長講演
13:30-14:00 「糖尿病に対するサプリメント応用」
左向敏紀(日本獣医生命科学大学)
シンポジウム
14:00-16:00 「東洋医学の初心に帰る」
1)「初めて漢方薬を使う人のために」金鞍博樹
2)「動物に対する漢方治療の考え方-伝統医学を現代に生かす」橋本昌大
3)「誰でも出来る鍼灸も目指してーマニュアル方式は可能か?」石野孝
パネルディスカッション「伝統医学の未来を考える」
16:15-17:15 ?これから何を進めて行くか、学会に求められるものー
パネラー:金鞍、橋本、石野、畑中、廣田、清水
17:15 学会賞発表
17:20 閉会の辞

よくある質問

関連学会

賛助会員

ページトップへ