MENU

第9回獣医統合医療講座(2014年3月)

第9回獣医統合医療講座のご案内

2012年1月~2013年3月まで9回の講座(プレセミナーを含む)を開催し、参加者の多くから継続を望む声が聞かれました。東洋医学をはじめとする伝統医学と先端医療との統合にとどまらず、人間や動物の持つ治癒力を引き出す様々な治療を用いた獣医療への期待は大きくあります。統合医療につながる様々な分野の第一人者を講師として招く本講座において、今年度は、医師の丸山修寛先生をお迎え致します。


■日時 2014年3月30日 午前10時~午後4時
■会場 日本獣医生命科学大学・C棟502(JR中央線「武蔵境」駅徒歩3分)
■講演内容 「統合医療を用いたアトピー・アレルギー治療」
■講師 丸山アレルギークリニック院長 医師 丸山 修寛(のぶひろ)先生
■受講料 8,000円(当日徴収致します)
■募集定員 40名

 

<丸山先生の紹介>

1958年兵庫県生まれ。医療法人社団丸山アレルギークリニック理事長。医学博士。1984年、山形大学医学部卒業。東北大学病院第一内科勤務を経て、1998年、宮城県仙台市に丸山アレルギークリニックを開院。東洋医学と西洋医学に加え、波動や音叉療法に取り組む。その確かな治療には定評があり、独特の療法は多くの健康雑誌に取り上げられている。著作に「アトピーのルーツを絶つ!」ほか。
気管支喘息はもちろんのこと、アトピー性皮膚炎やアレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎、慢性じんましん、慢性関節リウマチなどの病気の治療と治癒(根本的治療)を目指し、現代医学と東洋医学を駆使し最高の治療にあたる。高血圧、糖尿病などの内科的疾患を確実にコントロールし、治癒に結びつける指導と治療を行う。バイデジタル・Oーリングテストを診療の中心にし、有効で安全な治療を目指す。現代医学では治療困難な難治性の症状(冷え症や子宮内膜症や慢性疲労症候群などの病気)に対して、ビタミン療法、カラーセラピー、音楽療法、レーザー療法、温熱療法、遠赤外線療法などの最先端医療を適宜、積極的に取り入れ治療する。


よくある質問

関連学会

賛助会員

ページトップへ